概評 ビリケン商会 リドサウルス

発売元: ビリケン商会

発売日: 1984年

価 格: 2000円

原型師: 多羅尾伴大

成型色: グリーン

パーツ: 7

出典: 原始怪獣現る(The Beast from 20000 Fathoms) 1953

広告

概評 ビリケン商会 リドサウルス” への10件のフィードバック

  1. BOSS さま

    そうだったんですね!

    このボックスもそうですが、展示会に飾ってあった赤いメカニコングも全部中身が入っていてぴかぴかだったんで、最近買った物だとばかり思ってました。

    さきほどヤフオクで検索してみたら値段に二度びっくりしました。

    私ならもったいなくて作れないかも。
    ほんと何も知らなくてすいません。
    でも楽しいです!

    今後もよろしくお願いします。

  2. Yoshiさま

    ビリケン商会さんの洋モノキャラをはじめ昔のキットは絶版になっております。
    国内キャラの一部は蓄光版や成型色違いで再販されることもあるようですが・・・。

    ビリケンさんの絶版キットを惜しげもなく組み立て・塗装されているモノが見られるこちらのブログは
    相当凄いんですよ!

  3. Yoshiさん

    署名第1号さんですね(笑)。
    最後の2枚の追加画像はリドサウルスの原型です。
    原型師のブッカさんから転載許可いただいてアップしてます(嬉)。
    画像からでもモールドのシャープさや原型の素晴らしさが伝わってきます。
    また、ソフビにするとき一旦ワックスに置き換えて更に金型を作るので一回り小ちゃくなります。
    でも、コレ30年以上前のソフビなんですよね〜今だに色褪せないのは原型の凄さですね。

  4. Kunimimi さま
    RKOさま
    BOSSさま

    そうなんですね。
    私もこのソフビは可愛くて欲しいと思ってましたが、そんなに昔のものなんですね。
    ちょっと驚きです。
    嘆願書には私も署名します!

  5. RKOさん
    BOSSさん

    この際ですから、みんなでビリケン洋物キット再販署名活動でもやりますか(笑)。
    レアだからとかオクで高値がとか言ってないで、とにかく作りましょう!

    自分で作ったキットは世界に一つだけの宝物〜完成させたソフビを眺めながらやる一杯は格別ですね〜お茶とケーキ、渋茶と大福でもいいんですが、作ってる時はマインドフルネス状態でシータ波出まくり、免疫力アップらしいです〜素晴らしい!

  6. 再版は大人の事情で難しいのはわかりますが、そこは隣国(中の国)のお株を奪ってでも手を変え品を変え、なんとかなんないかなぁ😫
    日本だけでなく世界規模でみれば再版を希望してる人達はかなり多いんじゃないかと思うんですがね。

  7. えぇ~っ、リドくんの首がかしげているのが、まさかそのような理由だったなんて・・・・。
    とても自然な感じですよね!

    私も以前にリサーチ名目で青山のショップへ行った際に、洋物キャラの再販をお願いしたことがありましたが
    厳しいと言われちゃいました。
    同じ気持ちの方は沢山いらっしゃるようですが・・・。

  8. RKOさん

    昔のビリケン商会さんの洋物再販は、版権問題とかハードルは高いと聞きますが、世界的な需要があると思うんで、なんとか頑張って欲しいものです~また、買っちゃいそうですが(汗)。

    このシルバーリド君、実は水性塗料です~いまはソフビ専用塗料一本ですが、当時、なんも知らなかった私はいろんな塗料メーカーにコンタクトとって、子供が舐めても大丈夫なメタリック塗料の見本品としてもらったのがコレ。
    その後、廃業しちゃったのか連絡が取れなくなってしまって、もう少し原料のことなんかも聴いておけばよかったと(悲)。

  9. そうだったんだ。この首をかしげたポーズなんともいい感じだなあっていつも思ってたんです。
    そうですか粘土が柔らかくてまがっしまったとは、こんな些細な事がわかるのもこのブログのおかげです。
    シルバーメタのイグアナもまた良いですねえ。ソフビには見えません。
    ほんとビリケンさんシリーズの最初からリピートしてくれないかなあ。

  10. 大阪モデフェス投稿にもコメントいただいてるブッカさんが原型をおやりになったソフビキットです。

    以下はブッカさんのコメント~ちょこっと駐訳を括弧書きで入れてます。

    リド君(リドサウルス)は三原オーナー(ビリケン商会代表)から雑誌の「monsters?」から顔のUPとサイドの全身他数カットの当時のかすれたコピー画像もらってそれだけでつくった。
    GEOのシリーズ(ジオメトリックというメーカーでイーマ竜やサイクロプスもブッカさんのお仕事)はビデオテープ一時停止させて見ながらつくった。
    すぐ再生されて💦鱗はエポパテのXXXペタッ🎵先が丸い鉛筆で押し当てただけ~😅首は紙粘土柔らか過ぎてふと見たときには頭の重さでグニャリ…気が付いたときには粘土固まってたし(笑)

    原型をおやりになった方から直にお話を聴けるとは、なんという贅沢!
    たしかに当時は資料と呼べるものがほとんどなく、原型師の皆さんは苦労なさったんでしょうね。

    我が家に遊びに来た子供達は、模型は知らなくても真っ先にリド君に奪い合って遊んでます~これは30年以上変わらない(驚)。

    概評?
    とにかく子犬が首かしげているようなポースも含めて、生き物への愛情が感じられる~大好きです~再販しないかなあ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close